忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/17 10:52 |
lw´‐ _‐ノvと浦島ブーンなようです

    ( ^ω^)「おいすーだお」
    lw´‐ _‐ノv「おう浦島ブーン。おいすー」

    絢爛豪華、きらびやか、その室内にごろごろと寛いでいたシュー姫は、
    先ほど別れを告げたブーンに気安く挨拶をし……がばりと起き上がった。

    lw;´‐ _‐ノv「……なぜお前ここにいる!? あれは?箱は?」
    ( ^ω^)「結び目が硬すぎて開けられなかったから通行人にあげたお」
    lw;´‐ _‐ノv「なんと……ではどうやってここに戻ってきた?」
    ( ^ω^)「亀をしばき倒したらもっかい連れてきてくれたおー」

    ニコニコと語るブーンの後ろには、なるほど顔面を赤く腫らした亀、ドクオが転がっていた。
    ひくひくと息も絶え絶え泳いできたのであろう彼に、心の中で敬礼をする。……どうか安らかに。

    lw´‐ _‐ノv「というかな、帰るといったり戻ってきたり、お前は何がしたいのだ」
    ( ^ω^)「じゃあ結婚しよう」
    lw´*‐ _‐ノv「なんと」

    ぽ、と顔を赤らめたシュー姫、竜宮の全てを取り仕切る身とはいえ生娘である。
    やはり甘い言葉には弱いものだ。もぢもぢと身をよって、ブーンを横目でちらり見る。
    ブーンはというとそんな乙女の心の機敏になど興味もなさそうに、
    「ご飯まだー?」などと強請っていたりする。

    lw´*‐ _‐ノv「……では、私がご飯を作って差し上げよう……『あなた』」
    (*^ω^)「新妻ktkr!」

    実はシュー姫、竜宮では名の知れた「料理ベタ」であるのだが……、そんなことを知る由も無く、
    ブーンはただこれまでの贅沢暮らしができるものと思い込んで、嬉しそうに笑った。


  お題
・竜宮城

タイトルがなかったのでそれっぽいのをこちらでつけました
PR

2008/06/19 00:41 | Comments(0) | TrackBack(0) | 総合短編

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<(´・ω・`)の手に入れたもののようです | HOME | 川 ゚ -゚)ξ゚⊿゚)ξ二人は雨宿り中のようです>>
忍者ブログ[PR]