忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/17 10:51 |
('A`)は面接を失敗したようです

ガタンッ!!!と、僕は椅子を蹴飛ばしながら立上がった。


(#'A`)「私、空を飛ぶ事を有すッ!!さながらそれは鳥のようだったですッ!!」


声を張り上げ叫ぶ。

心の奥底から湧き上がる本心なる気持ちを、周りに振りまくかのように。


(*'A`)「俺はイキテルゥー!!!!!!!ヤーハー!!!!」



僕は、叫んだのだ!




('A`)は面接を失敗したようです



──時刻は昼過ぎ。某ファミリーレストランで、とある男三人が集った。

( A )「 」

( ^ω^)「…」

(´・ω・`)「…」

だが彼らは一見、一様に共通な部分が見当たらない。
何故なら、彼らの服装と雰囲気がミスマッチングすぎるためだった。

( ^ω^)「なぁ…ショボン」

そう、誰かの名を呼んだ男。彼の姿は、多少ポッチャリな体型に、所々煤汚れた青いつなぎを着こなしていた。


( ^ω^)「ドクオは…またやったのかお」


(´・ω・`)「だろうね。彼の落ち込み方がいつも通りだから」


ピザってる男から呼ばれた──ショボンという男。

明らかにブンランド物だとわかる、小綺麗なブラックスーツを見事に着こなしており、
さきほど頼んだブラックコーヒーを静かに啜っている。

(´・ω・`)「うん、不味い。もうおっぱい」

( ^ω^)「…でも、今回は異常じゃないかお?」

(´・ω・`)「そうかな?……というか今、軽くスルーしたよねブーン」

( ^ω^)「そうだったお…前の時はこんなにも目は死んでなかったお」

(´・ω・`)ショボーン


( ^ω^)「…」

(´・ω・`)「…」

そしてゆっくりと、二人の視線が、先程から全く生気の感じられない男に向けられた。

( A )「ァ…アア……ケハッ…」

それは目の焦点があっておらず、さらに体が小刻みに震える男。
ショボンの着ているスーツとは違い、真新しいツヤを持つスーツを着用している。


( ^ω^)「…ドクオ」

( A )ブツ…ブツブツ…フヒヒ

( ^ω^)「ドクオ」

( A )フヒ…ブツ…フヒヒッ!

( ^ω^)「ドクオ!」

( A )ユミタン…フヒ!…シコ…

(´・ω・`)「ふんっ」

ドコォォォオ!!

(゚A゚)オッパッピッ



(゚A゚)「カハッ!げほごほっ」


隣りに座っていたショボンのブローで、
鈍い音をたて頭をテーブルにぶつけると、ビクビクと跳ねる。


(´・ω・`)「早漏め」

(;^ω^)「いや、どう考えてもやりすぎだお…」

(´・ω・`)「これぐらいで十分だよ。……たかが就職失敗ぐらいで大袈裟なんだ」


('A`)「それは聞き捨てなりませんなっ!!」


( ^ω^)「復活はや!」

(´・ω・`)「流石だね」



('A`)「たかが就職といいやがりましたなァ…ショボンさんよぉ…」

先程まで幽霊よりも存在感がなかった彼に、
轟々と怒りの気配が膨れ上がる。

(´・ω・`)「そうだね」

('A`)「──ならばッ!!」

キラリと彼の目の奥が光る。

(#'A`)「なぜお主は働いておるッ!!
たかが就職、たかが労働、たかが国民義務だろォォォがァァァ!!?」


(´・ω・`)「生きたいから」

('A`)「だよねー」


そのままドクオは倒れ込みそうな勢いでソファに座った。



('A`)「あぁッ…俺ってばとことん駄目なヤツ…あぁッ…!」

(;^ω^)「だ、大丈夫だお。ドクオはやれば出来る子だお」

(´・ω・`)「ブーン、多分それ逆効果」


('A`)「…俺…ブツブツ…出来る…ブツ…?……ブツブツ…みんな…ブツ…同じ…?」


(;^ω^)「ち、違うお!ドクオは……ドクオは皆と全然違うお!全く!」


( A )「オレ…ブツ…ミンナトチガウ…ブツ…ヒトリボッチ…アア…」


(;^ω^)「ド、ドクオ……?」

(´・ω・`)「……どうやら彼のトラウマを開かせたようだね」

やれやれ…と、肩をわざとらしく竦めるショボン。


(;^ω^)「ど、どうしよう……」

(´・ω・`)「ほっときなよ。なにがあったかは知らないけど、彼が悪いのは確かだし」

(;^ω^)「で、でも…あんなアドバイスしたのは僕たちだお…?」


~回想~


('A`)「明日、面接なんだがなんかアドバイスある?」

( ^ω^)「うーん……まず挨拶が大切だと思うお」

('A`)「そうかそうか。ならショボンは?」

(´・ω・`)「『圧迫じゃない。向こうを圧倒させる圧倒面接だ!』」



('A`)「……は?」



(´・ω・`)「…いやね。どっかの偉い人がいった言葉」


('A`)「そ、そうなのか…
でも圧倒面接ってなんだ…意味が分からんぞ」

(´・ω・`)「そうかな?
でも面接では相手に自分を知ってもらう事が大切なんでしょ?」

(´・ω・`)「ならこの際、圧倒的に自己アピールするってことも大切だよ」

('∀`)「なわけねぇよwwww」

( ^ω^)「……確かにそうかもお」

('A`)「ぶ、ブーン…」

( ^ω^)「自分を売る事は大切だお。
そしたらインパクトは必要になってくるお」


('A`)「そ、そうか…」

('A`)「なら、頑張ってみるぜ!」



~回想オワリ~


( ^ω^)「……なんか面接でドクオが
どんな無茶したか分かる気がするお…」

はぁ…と重い溜め息をつくブーン。

(´・ω・`)「絶対『僕はここだよ!!やっふぅー!!』とか言ってそう」

('A`)「言ってねェよ!もうちょとランク下だよ!」

ガバッ!と起き上がるドクオ。
その言葉で途端に二人が静かになる。

( ^ω^)「……マジでいったのかお…」

(´・ω・`)「君、就職する気あんの?」

('A`)「……」



(;A;)「………」

(;^ω^)(泣いたッ!)

(*´・ω・`)(ドックンかぁいい…)


(;A;)「うっうっうっ……ちょっとウケを狙っただけでよ…あんな風に…クソ…」

(;^ω^)「アホだお……」

するとショボンがドクオの耳元に手を添え、口を寄せた。

(´・ω・`)「ちょっと耳かして」

(;A;)「なんだよ…ショボン…別に砒素砒素話なんてしなくても─」

耳を寄せたドクオに、ショボンの呟きが入り込む



(´・ω・`)「ワークサイドから落ちろ ワークサイドから落ちろ ワークサイドから落ちろ ワークサイドから落ちろ ワークサイドから落ちろ ワークサイドから落ちろ ワークサイドから落ちろ ワークサイドから落ちろ 」

(゚A゚)「うわぁあああぁぁぁぁぁああああぁぁぁぁぁああああ!!!!」


(;^ω^)「い、いきなりどうしたんだおっ!?」

(*´・ω・`)「さぁ…どうしたんだろうね…」


( A )「ァ…アア……」


テーブルの下でガクガクと震えるドクオは、
もう顔が真っ青だった。





('A`)『あっ……なんか体軽くなってきた…』

何度も言うが、彼の体はテーブル下にである。

('A`)『…もう就職なてどうでもいいや…ウフフ』


('∀`)『あはははははははは───は?』


ドクオは白い光の中で、なにかの文字を見つけた。


('A`)『あれは……?』

どうやら看板らしい。
それがゆっくりとこちらに向かって来る。


('A`)『なになに……』

ようやく字がハッキリと読める距離になり、読んでみた。 


そこには──




『天空職業安定所 』



(゚A゚)




おわり



お題
・ワークサイドに落ちるんじゃない!
・天空職業安定所
・「圧迫じゃない。向こうを圧倒させる圧倒面接だ!」
PR

2008/06/19 01:27 | Comments(0) | TrackBack(0) | 総合短編

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<私と彼と彼女のようです | HOME | ドクオは覚悟をしたようです>>
忍者ブログ[PR]