忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/17 10:40 |
( ^ω^)二人の美しい愛のようですξ*゚⊿゚)ξ

    ( ^ω^)二人の美しい愛のようですξ*゚⊿゚)ξ



    ベーコンの焼ける香ばしい匂いが鼻を擽る。
    うん、これぐらいで良いだろう。
    じゅうじゅうと音をたてるそれを皿に移していると、
    美味しそうな匂いを嗅ぎ付けてか、愛しい人の足音が近付くのが聞こえた。


    ξ-⊿゚)ξ「おはよ~」

    ( ^ω^)「おはおー」

    僕には彼女がいる。それも美人の、だ。
    美人の尺度というものは、得てして個人差があるものだが、
    多分十人集めた中の九人は必ず彼女を美人だと称するだろう。
    僕のような醜男のどこが良かったのかというのは甚だ疑問だが、
    まあそれは良しとしよう。


    ( ^ω^)「そういや、ツンは今日仕事あるお?弁当作るお!」

    ξ*゚⊿゚)ξ「わあ!ありがと。ブーンのお弁当美味しいのよねー」

    だがしかし、玉に瑕とはこのことか。
    彼女は料理が駄目だった。
    卵を茹でれば爆発し、パンを焼けば火事になる。もう、これは一種の才能かもしれない。
    幸い手先の器用な僕は、日々彼女に料理を作ってやっている。
    近頃ではそれも楽しみの一つだ。


    ( ^ω^)「んじゃ、どんなのが良いかお?今日は暇だし何でも作るお!」

    ξ*゚⊿゚)ξ「ご飯とパンの弁当!」

    ( ^ω^)



    ξ*゚⊿゚)ξ「ご飯とパンの弁当!」


    ( ^ω^)「栄養偏りすぎだろ」


    ξ゚⊿゚)ξ「ライス&ブレッドの弁当」


    ( ^ω^)「いや、英語で言われても」


    ξ゚⊿゚)ξ「ブレッド&ライス」


    ( ^ω^)「知らねーよ」


    /ξ゚⊿゚)ξ\ティウンティウン


    ( ^ω^)「なんだと」


    何と言うことだろう。僕の愛する彼女はティウンティウンしてしまった。
    こんなことならライス&ブレッドの弁当くらい作ってやればよかったのに。

    ( ;ω;)「おお~ん」

    後悔の念に襲われる。でも、もう彼女は戻って来ない。
    ふと、彼女の食べかけの皿が目に入る。


    ( ;ω^)「あ…ベーコン…」

    ( ^ω^)パク

    ( ^ω^)「ベーコンうめえwwww」

    ( ^ω^)パクパク

    ( ^ω^)「ベーコンマジうめえwwww」

    ( ゜ω゜)ウッ



    /( ゜ω゜)\ティウンティウン


    なんということだろう。僕もベーコンの食べ過ぎでティウンティウンしてしまった。


    ( ^ω^)「これでやっとツンに会えるお」


    こうして二人の美しい愛は終わりを迎えたのだった。

    ~fin~



    お題
・ライス&ブレッドの弁当
PR

2008/06/04 21:31 | Comments(0) | TrackBack(0) | 総合短編

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<( <●><●>)無意味な予知のようです | HOME | ドクオは死にたがっているようです>>
忍者ブログ[PR]