忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/17 10:38 |
川 ゚ -゚)が帰ってきたようです

川 ゚ -゚) 「ただいま」

(*゚ー゚) 「あ、お姉ちゃんおかえり」

川 ゚ -゚) 「なんだしぃだけなのか?」

(*゚ー゚) 「お父さんとお母さんはデートだよ~」

川 ゚ -゚) 「相変わらず仲のいい夫婦だな」

(*゚ー゚) 「喧嘩してるよりはいいんじゃない?」

川 ゚ -゚) 「それもそうだな」

私が突然帰るのは別段珍しいことではない。大体帰るのは突然だ。



川 ゚ -゚) 「やはりここが一番落ち着くな」

川 ゚ -゚) 「自分の臭いが染み付いているというか」

川 ゚ -゚) 「一番居心地がいい」

(*゚ー゚) 「大学って大変?」

川 ゚ -゚) 「そうだな、何よりも自主性が磨かれるな」

川 ゚ -゚) 「家を離れる分、自由な時間は格段に増える」

川 ゚ -゚) 「だが自由な時間が増える分、自分の肩にかかる責任の大きさが増す」

(*゚ー゚) 「へ~、そうなんだ~」

川 ゚ -゚) 「しぃも進学するのか?」

(*゚ー゚) 「一応したいとは思ってるよ」

川 ゚ -゚) 「どんな学部へ行きたいんだ?」

(*゚ー゚) 「秘密だよ~」

川 ゚ -゚) 「教えてくれたっていいじゃないか」

(*゚ー゚) 「気が向いたらね~」


妹も相変わらずだ。
今年で高校三年か・・・。進路はちゃんと考えているのだろう。
おっとりしているが、自分の考えをきちんと持っている人間だ。
何となくで進学した私とは違うのだろう。

(*゚ー゚) 「お姉ちゃん考え事?急に黙っちゃって」

川 ゚ -゚) 「いや、なんでもないぞ」

相手の気持ちも考えてやれるいい子だ。

川 ゚ -゚) 「しぃ、久しぶりに一緒に風呂に入ろう」

(*゚ー゚) 「え?なんで?」

川 ゚ -゚) 「何となくだ、良いじゃないか」

(*゚ー゚) 「うん、わかった」

一緒に入るのはいつ以来だろうか。
昔はよく背中を流しっこなんかしたものだ。

(*゚ー゚) 「お姉ちゃんま~だ~?」

川 ゚ -゚) 「ああ、今行く」

川 ゚ -゚) 「相変わらずしぃの胸は小さいな」

(*゚ー゚) 「気にしてるんだからやめてよ。
言われるとちっちゃくなっちゃうよ」

川 ゚ -゚) 「まあ、そういうのも需要があるからいいじゃないか」

(*゚ー゚) 「私もお姉ちゃんみたいになりたかったな・・・」

川 ゚ -゚) 「望みはまだあるかもしれないぞ」

(*゚ー゚) 「ほんと!?」

川 ゚ -゚) 「どうだかな」

(*゚ー゚) 「もうっ、お姉ちゃんのイジワルっ!!」

かわいい妹だ。胸が小さいことを気にする普通の高校生。
一緒に浴槽につかりながら尋ねる。


川 ゚ -゚) 「さっきの話だが、いったいどんな学部に行きたいんだ?」

(*゚ー゚) 「え~、言うの~?」

川 ゚ -゚) 「どうしても嫌なら仕方無いが」

(*゚ー゚) 「獣医さんになりたいの」

川 ゚ -゚) 「どうしてなりたいんだ?」

(*゚ー゚) 「ほら、あたしって動物好きじゃない?
たぶんそこからくるんだと思う。
獣医さんならたくさんの動物たちを助けてあげられるでしょ」

川 ゚ -゚) 「じゃあたくさんの動物たちを救うためにたくさん勉強しないとな」

(*゚ー゚) 「うん」

川 ゚ -゚) 「そろそろあがろうか」


獣医になるという夢、じつに妹らしい・・・。
この妹には夢をかなえてもらいたいものだな。

川 ゚ -゚) 「しぃ、今日は一緒に寝よう。
どうせ父さん達は帰ってこないのだろう?」

(*゚ー゚) 「うん、あたしもお姉ちゃんと寝たい」


妹と共に私の部屋のベッドにもぐりこむ。
風呂上がりだからか、妹の体からぬくもりが伝わってくる。

(*゚ー゚) 「お姉ちゃん温か~い」

川 ゚ -゚) 「しぃもだぞ」

(*゚ー゚) 「それにすごくいい匂いがする。
これが大人の女の匂い?」

川 ゚ -゚) 「そうなのかもな。
だが私はしぃの匂いも好きだぞ」

(*//ー/) 「そんなことないよう」

川 ゚ -゚) 「かわいいな、しぃは」

そういうとしぃは私に背中を向けてしまった。
つくづくかわいい妹だ。私も今日は眠るとしよう。


朝、目が覚めると妹はすでにいなかった。
その代り、一階の台所からなんだか朝のにおいが漂ってくる。

川 ゚ -゚) 「おはよう、しぃ」

(*゚ー゚) 「あ、お姉ちゃんおはよう。
朝ごはん出来てるよ」

川 ゚ -゚) 「それじゃあいただくとしようか」

(*゚ー゚) 「どうぞ、めしあがれ」

日本の朝食という感じのお決まりのメニューだ。
一人暮らしをして、料理するのが億劫になり
コンビニなどで済ませることが多くなった私にとっては御馳走だ。

川 ゚ -゚) 「うん、うまいぞ。
前より料理の腕を上げたな。これならいつでも嫁に行ける」

(*゚ー゚) 「まだお嫁になんて行かないよ。
昨日も話したでしょ」

川 ゚ -゚) 「そうだったな」

そろそろ長居も不要かな。
しぃの顔も見れたし。


川 ゚ -゚) 「そういえば、しぃ」

(*゚ー゚) 「何?」

川 ゚ -゚) 「私は今日帰るからな、父さん達によろしく言っておいてくれ」

(*゚ー゚) 「今日って、昨日来たばかりじゃないっ!!」

川 ゚ -゚) 「そうだが、しぃの顔を見て安心した」

(*゚ー゚) 「じゃ、じゃあ、お父さん達が帰ってくるぐらいまでは」

川 ゚ -゚) 「いや、止められちゃかなわんからな」

(*゚ー゚) 「そう・・・。うん、わかった。お父さん達には私から言っとくね」

川 ゚ -゚) 「あと、出し忘れてんだがこれ。お土産だ。
あとでみんなで食べてくれ」


川 ゚ -゚) 「じゃあ、しぃ。また来るからな」

(*゚ー゚) 「たまには帰ってくる前に連絡してよね」

川 ゚ -゚) 「気が向いたらな」

(*゚ー゚) 「しょうがないな~」

川 ゚ -゚) 「しょうがない姉だからな。
じゃあな、しぃ。勉強頑張れよ」

地元の駅へ向かう。
この時間から出れば昼前にはアパートにつくだろう。



(*゚ー゚) 「お姉ちゃんのお土産の東京ばななおいしいね、お父さん」



終わり

お題
・姉妹風呂
・置き土産

タイトルがついてなかったのでそれっぽいのをつけました
PR

2008/05/29 00:27 | Comments(0) | TrackBack(0) | 総合短編

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<从 ゚∀从は戦うようです | HOME | 川 ゚ -゚)風は止み君に出会うようですl从・∀・ノ!リ人 >>
忍者ブログ[PR]